Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に

「Oracle WebLogic Server」に深刻な脆弱性が明らかとなった問題で、脆弱性を利用して感染を広げるボットネットが同脆弱性についても標的に組み入れたことがわかった。

Palo Alto Networksによると、4月28日に観測したLinuxベースのボットネット「Muhstik」のあたらしい亜種が、リモートよりコードの実行が可能となる「WebLogic Server」の脆弱性「CVE-2019-2725」を悪用していることが判明したという。

Muhstik」は、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に明らかとなり、別名「Drupalgeddon 2.0」とも呼ばれる脆弱性「CVE-2018-7600」を悪用したことで知られるボットネット。

「Tsunami」を起源とし、バイナリファイルの名称やIRCチャンネルから「Muhstik」と名付けられた。ワームとして感染を拡大するほか、他マルウェアをインストールしたり、DDoS攻撃などに悪用されていると見られる。

(Security NEXT - 2019/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供