Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も

岩手県にあるワイン醸造所のエーデルワインが運営するオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかった。有効性を確認するために入力された情報も多く含まれるとしている。

同社によれば、同社が運営する「エーデルワインオンラインショップ」が不正アクセスを受けたもの。同サイトはすでに停止している。

2015年7月8日から2018年8月5日までに同サイトでクレジットカード決済のために入力された会員情報3万1231件が流出した可能性があるという。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

2018年9月28日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり、外部事業者による調査により、不正アクセスを受け、情報が流出した可能性があることを同年10月31日に確認した。脆弱性を突いた不正アクセスと見られている。

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性
歯科書籍の通販サイトに不正アクセス - 関連ポータルも影響か