Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件

登録された脆弱性の種類を見ると、「クロスサイトスクリプティング」が617件で最多。「不適切な入力確認」が430件、「バッファエラー」が407件、「情報漏洩」が317件と続く。

製品別の登録件数を見ると、前四半期に引き続きLinuxのディストリビューションである「Debian」がもっとも多かった。件数は401件で、前四半期の177件を大きく上回る。

さらに「Red Hat Enterprise Linux Server」「Red Hat Enterprise Linux Workstation」「Red Hat Enterprise Linux Desktop」とLinuxのディストリビューションが並ぶ。上位20製品のうち11製品がOSで、5製品がPDF関連だった。

産業用制御システムの脆弱性情報は161件で、前四半期の96件から大幅に増加。累計登録数は1831件となった。

20190425_ip_002.jpg
登録された脆弱性の種類(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2019/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
MS、脆弱性調査環境「Azure Security Lab」を新設 - 報償金は最高30万ドル
初心者向けに脆弱性調査と報告方法を学ぶ勉強会 - IPA
2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
「JVN iPedia」登録、2019年2Qは5207件 - 累計10万件突破