Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き

Cylanceは2018年におけるマルウェアの検知状況を取りまとめた。マルウェアは全般に増加傾向が見られたものの、ランサムウェアは減少したという。

20190425_cy_001.jpg
記者説明会に登壇した本城氏

同調査は、同社のエンドポイント製品を導入している端末で検知されたマルウェアの動向を取りまとめたもの。

2019年は、マルウェアの検知数が前年から10%増加した。特に仮想通貨をマイニングするマルウェアが検知された企業は47%増と目立った動きを見せたという。

一方、2017年に活発な動きが観測されたランサムウェアに関しては26%減と前年から改善した。活発だったランサムウェアとして、同社は「GandCrab」を挙げている。

同ランサムウェアは「RaaS(Ransomware as a Service)」として展開されており、同社脅威解析チームの本城信輔氏は、「2018年に5種類のメジャーバージョンがリリースされ、国内でも多く検知された」と説明した。

(Security NEXT - 2019/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
警視庁とソースネクストがサイバー犯罪対応で協定
警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に