Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応

クオリティアは、メールセキュリティ対策製品「Active! zone」の新版を提供開始した。サンドボックス機能などを追加している。

新版ではサンドボックス機能としてソフォスの「Sophos Sandbox」を追加。マルウェアチェックで「グレー」と判定された場合にサンドボックスで検証を実施する。

パスワード付きファイルは、分離された環境で展開してマルウェアであるか検証することが可能。

危険性があると判定された場合はダウンロードをブロック。問題ないと判定されたファイルは「原本をダウンロード」「マクロを除去してダウンロード」など、ユーザーが選択できる。

価格はマルウェア検知とサンドボックスオプション込みで100ユーザー年間35万6400円から。

(Security NEXT - 2019/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン