Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など

ラックとTISは、セキュリティおよびクラウド分野で協業すると発表した。

今回の協業では、双方の強みを活かし、共同で組織向けに「クラウド&セキュリティサービスプラットフォーム」を5月より提供する。

同プラットフォームでは、「サイバーセキュリティガイドライン」の重点10項目をベースに、コンサルティング、導入、運用、監査までをワンストップで展開する。

手はじめに「エンタープライズ・クラウド&セキュリティ運用サービス」を提供。新設した「脅威インテリジェンスセンター」を通じて、従来のセキュリティオペレーションセンターの機能のほか、脅威情報の収集やインシデント発生時の調査など含む運用サービスを提供する。また実装を支援する「業界別運用テンプレート」を用意した。

今後両社は、認証やネットワーク機器、クラウド統制などさまざまな分野における新製品の共同研究や検証を行うほか、それぞれを技術面より支援していく。

(Security NEXT - 2019/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
マルウェア設定情報の抽出ツールを公開 - JPCERT/CC
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
ソフバンテク、MSSに海外拠点 - 海外進出企業向けサービスを強化