Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も

「CVE-2019-3398」の判明を受けて、同社では脆弱性を修正する「同6.15.2」や、同脆弱性への対応を含む「同6.14.3」「同6.13.4」「同6.12.4」「同6.6.13」をリリース。アップデートを呼びかけている。

また両製品に関しては、3月にも「WebDAV plugin」の脆弱性「CVE-2019-3395」や、「Widget Connector」に関する脆弱性「CVE-2019-3396」が判明。アップデートがリリースされていた。

JPCERTコーディネーションセンターによれば、「Widget Connector」の脆弱性「CVE-2019-3396」は、すでに実証コードが出回っており、国内において被害も確認されているという。

脆弱性を悪用されるとリモートより任意のコードを実行されるおそれがあるとして注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2019/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性