Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート

集中開発コースは、ハッカソン形式で開発に取り組む。「標準ゼミトラック」「システムプログラミングトラック」「アンチウイルス実装トラック」があり、参加者はトラック内のゼミに属して各自のテーマで開発に取り組む。また、小中学生を対象とした「ジュニア開発ゼミ」も開講する。

会場はクロス・ウェーブ府中で交通費や宿泊費なども含め、参加費は無料。募集人員は80名程度。締め切りは5月27日16時。詳細はIPAのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地方セキュリティ人材の育成方策を取りまとめ - 総務省
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%