Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査

検索サイトやSNSなど、オンラインのプラットフォーム提供事業者が個人情報を収集したり、利用することについて、利用者4人のうち3人が何らかの懸念を持っていることがわかった。

公正取引委員会が1月から実施しているデジタルプラットフォームサービスの利用者に対するアンケート調査の中間報告を取りまとめたもの。10代以上の利用者2000人が回答した。

同調査では、検索サイトやSNS、メッセージアプリ、ブログ、オンラインショッピングサイト、ネットオークション、フリマアプリなどを「デジタルプラットフォーム」、サービスの提供者を「デジタルプラットフォーマー」としている。

無料のデジタルプラットフォームサービスを利用、また利用した経験を持つ回答者は98.8%。そのうち79.7%は、サービスの利用時に自身の個人情報や利用データをプラットフォーマーへ提供している認識を持っていた。

(Security NEXT - 2019/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
9月のフィッシング報告、6000件超で過去最多 - 「Amazon」「LINE」関連が1.7倍
「リクナビ」問題で個人情報保護委員会に報告書 - 学生向け説明ページも
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
中小企業のCISOやセキュリティ担当者を支援する資料 - JNSA
フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
個情委、内定辞退率予測でリクナビに是正勧告
海賊版サイトへのアクセス抑止策に関する報告書 - 総務省
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも