Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会

九州大学の同窓会組織である九州大学造船会は、会誌の名簿において、一部会員の個人情報を誤って掲載したことを明らかにした。

同会によれば、会誌「吾」94号の名簿に公開しないはずの個人情報が掲載されたもの。

名簿のデータベースから印刷用データを抽出する際、本来同期生のみ公開とする住所や電話番号、メールアドレス90件のほか、公開しない設定の住所3件がミスにより含まれていたという。

同会では、誤掲載が発生した会誌の回収といった対応については、費用の工面やすべての会員から理解を得ることが困難など、課題があることから今後検討するとしている。

再発防止に向けては、内容を即時訂正することができる電子版の導入や、名簿公開区分の変更などを検討するという。

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミス、競争入札申請業者のメアドが流出 - 水資源機構
顧客向けメールに配信リストを誤って添付 - 日本財託
調査事業で企業回答内容をサイト上で誤公開 - 経産省
企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大
ふるさと納税者の個人情報を同意なしで公開 - 大空町
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町