Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査

サイバー攻撃が発生した場合に、回復に必要となるスタッフを十分に確保できていると答えた組織は30%。一方、スキルを備えたサイバーセキュリティ人材を採用し、つなぎ止めておくことを「かなり難しい」「難しい」と考える組織が75%と4分の3にのぼった。

また48%は、組織で配備されているセキュリティツールの数が多すぎて、結果的に運用が複雑になり、セキュリティ状況の可視性が損なわれていると回答している。

ID管理や認証、インシデント対応、セキュリティイベント管理など自動化の技術を「よく使用している」との回答は23%。で、4分の1を下回った。

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
経産省、セキュアなIoT接続環境に向けたフレームワーク案 - 国内外から意見募集
セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU
「ストーカーウェア」からDV被害者を保護する取り組み
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
冷蔵庫内の片付けできる人は職場データも整理できる傾向?
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」