Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート

Intelは、同社複数製品における脆弱性を明らかにし、アップデートの提供や緩和策のアナウンスを行っている。

4製品に対して、それぞれ1件の脆弱性を明らかにしたもの。メディアやビデオを処理するアプリケーション向けの開発キットとして提供されている「Intel Media SDK」では、重要度が「高(High)」とされる「CVE-2018-18094」を修正した。悪用されると権限の昇格が生じるという。

また同社製端末「Intel NUC」のファームウェアにおいても重要度が「高(High)」とレーティングされた「CVE-2019-0163」が判明。権限の昇格やサービス拒否、情報漏洩などが発生するおそれがある。

さらにLinux向けに提供されている「Intel Graphics Performance Analyzer for Linux」のインストールパッケージにおいてパスのチェックが不十分で権限の昇格が生じる脆弱性に対処した。重要度は「中(Medium)」。これら3製品に関してはアップデートをリリースしている。

さらに、重要度が「低(Low)」とされる情報漏洩が生じるマイクロプロセッサの仮想メモリマッピングにおける脆弱性「CVE-2019-0162」を公表。サイドチャネル攻撃への緩和策を実施するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2019/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ