Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ

脆弱性を悪用されると、攻撃対象のテレマティクスユニットにリモートよりコマンドを送信したり、データを取得することが可能となるほか、車両の位置情報を取得したり、ロックを解除するなど、車両が物理的にアクセスされるおそれもある。

「iOS」「Android」いずれのプラットフォームも影響があり、管理用の認証情報を削除した最新版がそれぞれ提供されている。また管理用の認証情報についても無効化された。

CERT/CCによれば、同システムはOEMにより供給されており、「Carlink」「Linkr」「Visions MyCar」「MyCar Kia」といったブランドでも展開されており、同じくアップデートが提供されているという。

今回の脆弱性について開発者は、アップデートが提供されるまでの期間に、プライバシー侵害をはじめ、悪用の報告は受けていないとしている。

(Security NEXT - 2019/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など