Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差

子どもとインターネット上での行動について定期的に話し合う保護者は15%にとどまり、世界平均の43%と大きな差が開いた。

AVG Online Security Softwareが、2018年下半期に18歳未満の子どもを持つAVGユーザーを対象にオンライン調査を実施したもの。全世界で9485人が回答しており、そのうち国内からの回答は565人。

国内において、インターネット上での行動について、子どもと「定期的に話し合う」と答えた保護者は15%。世界平均の43%を大きく差が開いた。

「あまり話し合っていない」が45%で、「話したくない」が21%、「話したいが気まずい」が13%、「話し合いたいが子どもに拒否されている」が6%だった。

子どもがデジタル上で自立したと見なされる年齢について聞いたところ、「18歳」が日本では24%、世界平均では23%と多かった。また日本では、21%が「16歳」と回答。12歳未満でもデジタル上で自立していると回答した保護者は、日本と世界ともに8%だった。

(Security NEXT - 2019/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」
小学生に個人情報教育の出前授業 - 個人情報保護委
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
トレンドと警視庁、子どものインターネット被害防止で契約締結
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
トレンド、小学生と保護者対象の夏休みセキュリティ教室を開催