Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba」に2件の脆弱性 - 早急にアップデートを

Sambaの開発チームは、脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリースした。できるだけ早く適用するよう利用者へ呼びかけている。

開発チームによれば、影響を受ける脆弱性は、バージョンによって異なるが、2件の脆弱性が明らかとなったもの。「CVE-2019-3870」は、本来所有者のみにアクセスが制限されるべき領域において、パーミッションに誤りがあり、ファイルを書き込むことが可能となる脆弱性。

また「Windows」のレジストリサービスをエミュレートする機能において、パストラバーサルの脆弱性「CVE-2019-3880」が判明した。権限がないユーザーによってあらたなレジストリハイブファイルを作成されるおそれがある。

開発チームでは、セキュリティアップデートとなる「Samba 4.10.2」「同4.9.6」「同4.8.11」やパッチをリリース。できるだけ早くアップデートを実施するよう利用者に注意を喚起した。

また「CVE-2019-3870」に関しては、すでに導入済みの環境に対してアップデートを実施しても、ファイルやディレクトリのパーミッションは修正されないため、利用者が権限を変更し、書き込みを制限するよう求めている。

(Security NEXT - 2019/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ