Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「宅ふぁいる便」利用者向けに特設サイト - 流出PW確認や退会受付など

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」が不正アクセスを受け、顧客情報が流出した問題で、同サービスを運営するオージス総研は流出したパスワードなどを確認できる特設サイトを提供開始した。

新設したウェブサイトでは、「宅ふぁいる便」に登録されているパスワードを確認できるほか、退会申し込みの受け付け、「宅ふぁいる便ポイント」の交換などに対応する。

提供にあたっては、不正アクセスを受けたシステムから必要最低限のデータを抽出。独立したシステム上に構築したものとしており、データの暗号化など適切なセキュリティ対策を実施していると説明している。

なお、ウェブサイトの提供時間は、9時より17時45分まで。それ以外の時間は利用できない。

(Security NEXT - 2019/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

流出した「宅ふぁいる便」顧客情報は481万5399件 - 受託ファイルの被害は確認されず
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明
「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認
「宅ふぁいる便」に不正アクセスの可能性、一部サービスを停止
「宅ふぁいる便」がセキュリティサービス3種を提供 - セキュリティ診断や遠隔監視など