Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も

休暇が長期にわたる場合、端末やデータを持ち出したいとのニーズも増える。組織内のルールをあらためて共有し、無許可の持ち出しなどを未然に防止する。

持ち出しを許可する場合は、紛失や盗難などを想定し、データを事前に暗号化するなど対策を講じておく。データを破壊する「ランサムウェア」も脅威のひとつだ。重要なデータは必ずバックアップを用意する。

休暇明けの業務開始時も注意が必要。OSやアプリケーションにセキュリティ更新プログラムが公開されていないか確認し、セキュリティ対策ソフトについても更新作業を実施する。

2019年は、改元にともなうソフトウェアのアップデートなどが実施される場合もある。あわせて気を付けたい。

(Security NEXT - 2019/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
10日間以上の長期休暇の企業も - GW前にセキュリティ対策の確認を
長期休暇の前後に十分なセキュリティ対策を - IPAが注意呼びかけ
長期休暇前にセキュリティ対策の再確認を - 盆休み重なるMS月例パッチにも注意を
GW休暇前に対策の再確認を - サポート終了のJava SE 7に注意
闇市場が盛況、ネットサービスの盗難アカウントは1ドル
【GW平均4.9日】長期休暇に向けて万全なセキュリティ対策を