Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も

4月1日に「平成」に代わる新しい元号「令和」が発表された。1カ月弱で迎えるゴールデンウィークは、5月1日の新天皇即位および改元にともない、通常より長期休暇となる組織も多い。

例年同様、長期休暇に向けたセキュリティ対策はもちろん、改元への対応も求められる。

特にゴールデンウィークは、夏期や冬期の長期休暇と比較し、就職や異動直後のため業務に不慣れで、セキュリティ上のルールなど十分把握できていない関係者がいることも想定される。

日ごろ推進しているセキュリティ対策であっても、重要性をあらためて関係者間で共有し、必要に応じてセキュリティ教育を実施するなどリスクを下げておきたい。

(Security NEXT - 2019/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
10日間以上の長期休暇の企業も - GW前にセキュリティ対策の確認を
長期休暇の前後に十分なセキュリティ対策を - IPAが注意呼びかけ
長期休暇前にセキュリティ対策の再確認を - 盆休み重なるMS月例パッチにも注意を
GW休暇前に対策の再確認を - サポート終了のJava SE 7に注意
闇市場が盛況、ネットサービスの盗難アカウントは1ドル
【GW平均4.9日】長期休暇に向けて万全なセキュリティ対策を