Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年4Qクレカ不正被害は69.3億円 - 前四半期比36.7%増

2018年第4四半期におけるクレジットカードの不正使用被害額は69億3000万円となり、前四半期から36.7%増となった。番号盗用被害が8割を占める。

日本クレジット協会が、国際ブランドカードの発行事業者を中心に銀行系、信販、流通系のクレジットカード事業者、中小の小売団体など44社における不正使用被害の状況を調査、取りまとめたもの。同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は69億3000万円。前四半期の50億7000万円を36.7%上回るなど急増している。

被害の原因を見ると、番号の盗用被害が55億7000万円。前四半期の39億1000万円を16億6000万円上回った。被害全体に占める割合は80.3%で、前四半期の77.1%から3.2ポイント上昇している。

番号盗用被害における国内外の割合を見ると、国内の被害額が40億9000万円で全体の73.4%を占める。海外の被害額は14億8000万円だった。

一方、偽造カードによる被害額は4億8000万円で、前四半期の3億8000万円から1億円の増加。全体に占める割合を見ると6.9%で、前四半期の7.5%から0.6ポイント縮小している。

(Security NEXT - 2019/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年第3四半期、クレカ不正使用被害は68億円
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
2019年2Qのクレカ不正被害額68.5億円 - 番号盗用被害が微減
スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず