Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1

Kaspersky Labは、2018年にスマートデバイス上で検知されたマルウェアが、前年の約1.7倍に拡大したとの調査結果を取りまとめた。一方で検知されたユーザー数は8%ほどの増加にとどまり、1ユーザーあたりの検知数が増加している。

同社クラウド基盤で2018年に検知したAndroidを対象とするマルウェアの動向を取りまとめたもの。同年に観測されたスマートデバイスを対象とした悪意あるインストールパッケージの種類は532万1142件。前年から40万9774件の減少となった。

その一方で端末上の検知回数は約1億1650万件となり、約6640万件だった2017年の約1.7倍へと拡大した。989万5774ユーザーにおいて検知されたもので、前年の912万1774ユーザーを上回るものの、8.4%ほどの上昇にとどまり、1ユーザーあたりの検知回数が増えている。

同社が検知したモバイルマルウェアのうち、別のマルウェアをダウンロードするいわゆる「ドロッパー」のトロイの木馬が17.2%で、前年の8.6%から割合が上昇した。

(Security NEXT - 2019/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み