Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 12.2」をリリース - 脆弱性50件を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 12.2」をリリースした。

今回のアップデートでは、機能の改善やバグの修正にくわえ、セキュリティ面では、CVEベースであわせて50件の脆弱性を修正した。

カーネルに関する脆弱性6件や「WebKit」に関する脆弱性19件のほか、「Wi-Fi」や「Siri」「Safari」「メール」「位置情報サービス」などの脆弱性を解消している。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-6201
CVE-2019-6204
CVE-2019-6207
CVE-2019-6222
CVE-2019-6237
CVE-2019-7284
CVE-2019-7285
CVE-2019-7292
CVE-2019-7293
CVE-2019-8502
CVE-2019-8503
CVE-2019-8504
CVE-2019-8505
CVE-2019-8506
CVE-2019-8510
CVE-2019-8511
CVE-2019-8512
CVE-2019-8514
CVE-2019-8515
CVE-2019-8516
CVE-2019-8517
CVE-2019-8518
CVE-2019-8521
CVE-2019-8523
CVE-2019-8524
CVE-2019-8527
CVE-2019-8529
CVE-2019-8530
CVE-2019-8535
CVE-2019-8536
CVE-2019-8540
CVE-2019-8541
CVE-2019-8542
CVE-2019-8544
CVE-2019-8545
CVE-2019-8546
CVE-2019-8549
CVE-2019-8550
CVE-2019-8551
CVE-2019-8552
CVE-2019-8553
CVE-2019-8554
CVE-2019-8556
CVE-2019-8558
CVE-2019-8559
CVE-2019-8562
CVE-2019-8563
CVE-2019-8565
CVE-2019-8566
CVE-2019-8567

(Security NEXT - 2019/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ