Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受けたECサイトが終了 - 再開目指すも抜本的見直し必要で断念

ディー・エル・マーケットは、同社が運営するコンテンツ販売サイト「DLmarket」の提供を6月28日に終了すると発表した。

同サービスは、電子書籍や楽譜、イラスト素材などデジタルコンテンツを取り扱うダウンロード販売サイト。不正アクセスにより、顧客のクレジットカード情報7741件が流出した可能性があるとして、2018年11月12日よりサービスを停止していた

同社は外部機関による調査のもと、サービス再開に向けてセキュリティ対策の強化などを進めていたが、セキュリティを確保するにはシステムの抜本的な見直しが必要であることが判明。開発に要する期間や事業環境などを検討した結果、サービスの再開を断念したという。

過去に購入した作品の再ダウンロードについては、6月28日正午まで依頼があれば個別に対応する。作品を販売し、売上金の残額がある会員に対しては、支払い方法や時期など個別に連絡する方針。

(Security NEXT - 2019/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
グルメ情報サイトに不正アクセス - 会員のアカウント情報が流出
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用も - 刃物通販サイト
ロック系ファッション通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面に誘導
不正アクセスで顧客情報流出の可能性、詳細調査中 - JR九州グループ会社
セガの動画サービスに不正アクセス - アクセスコードなど流出か
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
通販サイトに不正アクセス、詳細を調査中 - JIMOS