Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定

情報通信研究機構(NICT)ナショナルサイバートレーニングセンターは、サイバー防御演習「CYDER(CYber Defense Exercise with Recurrence)」について受講の申し込み受け付けを開始した。

「CYDER」は、体験型の実践的サイバー防御演習。組織のセキュリティ管理者や情報システム担当者、CSIRT要員などを対象としており、2018年度からは一般企業も参加可能となっている。

受講者は、組織の情報システム担当職員としてチーム単位で演習に参加。模擬環境で機器やソフトウェアの操作を行い、サイバー攻撃によるインシデントの検知や対応、報告までの流れを体験できる。

2019年度は、初級となる「Aコース」と中級向け「B-1コース」「B-2コース」を、あわせて100回開催する予定。より多くの参加者を募るため、県庁所在地以外の都市における開催も拡充した。

1回あたりの受講者数は30人程度。受講料は、国の行政機関、自治体に所属している場合は無料。それ以外の法人や団体は1人あたり7万5600円。事前登録や申し込みは、CYDERのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大学生向けにRSAのCTF型セキュリティ演習を提供 - デルら
金融分野のセキュリティレポートを公開 - 金融庁
6月11日から「サイバーコロッセオ」がスタート - オリパラも向け模擬演習
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
あらたなセキュリティ認定資格のトレーニングを提供 - CompTIA
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
「REDチームサイバー演習サービス」を開始 - ニュートン・コンサル