Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

20年前の「Excel 4.0」マクロを悪用する攻撃 - 検知回避が狙いか

1990年代にリリースされ、現在は利用されることが少ない「Excel 4.0」のマクロを悪用する攻撃が確認された。セキュリティ製品の検知を回避するあらたな「抜け穴」として狙われている。

現在、Office製品におけるマクロは「VBA(Visual Basic for Applications)」が主流だが、1992年にリリースされた「Excel 4.0」の「XLMマクロ」も引き続き、Officeでサポートされており、攻撃に悪用する動きが出ている。

SANS Instituteの研究者は、ここ数週間で「Excel 4.0」のマクロを含んだ悪意ある表計算ファイルを複数受信したことを明らかにした。

またトレンドマイクロは、メールを用いた同様の攻撃が、2月18日以降、国内で展開されていることを確認している。

(Security NEXT - 2019/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
標的型攻撃が「Slack」や「GitHub」を悪用 - コード入手やコマンド実行の通知手段に
旅客機墜落事故に便乗するマルウェア攻撃に注意を
シンガポール医療機関の大規模情報漏洩、関与グループが判明
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
「WinRAR」が19年来の脆弱性を修正 - 公表後に悪用も
無人潜水機など海事技術狙う「APT 40」 - 中国関与か