Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 尾道市

広島県尾道市は、中学校において個人情報含む資料が所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、中学校の教諭が、授業で使用する資料などを綴じたファイル1冊を紛失したもの。ファイルには、3年生2クラス分の提出物点検名簿と、3年生83人の受験校をメモした名簿など、個人情報が含まれていた。

2月20日ごろファイルの紛失に気付き、校内を捜索したが見つからず、3月5日に教頭へ報告した。

同校では、3年生の保護者に対し説明会を行って、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
1年前のメール送信ミスを公表、匿名による指摘 - 新潟県
女児虐待死事件、アンケート提供理由に職員処分 - 野田市
メール誤送信で教員採用選考合格者のメアド流出 - 大阪府
小学校で児童の学力調査票を紛失 - 熊本市
小学校で児童の指導資料が所在不明に - 神戸市
個人情報含むメールを県内校へ誤送信 - 宮城県
教員や学生の「Office 365」アカウントが乗っ取り被害 - 東京理科大
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市