Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県

閲覧可能となっていたデータは、すでに公開済みの琵琶湖に関する調査をはじめ、同センターが保管する文献、水環境分野に携わる企業、水環境分野を専門とする研究者の氏名や所属機関などだった。

文献に関するデータには、寄贈者に関する氏名や役職、所属など66件の個人情報が記録されていた。ログが残存した期間にアクセスされた履歴はなかったが、5日間分のログについては保管期限が経過してのこっておらず、確認できない状態だという。

また公開データだが、許可を得る前だった水環境分野に関わる企業や研究者の情報なども含まれる。ただし、これらデータがアクセスされた履歴はなかったとしている。

同県では委託先に対して外部より公開前のサイトが閲覧できないよう対策を指示した。個人情報が閲覧された可能性がある文献の寄贈者に対し、事情の説明を行っている。

(Security NEXT - 2019/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
顧客情報含むファイルがアクセス可能な状態に - まつ毛エクステ店
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
SNSサイト「ふどうさん女子」で一部会員情報が閲覧可能に
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も