Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンガポール医療機関の大規模情報漏洩、関与グループが判明

シンガポールで、サイバー攻撃により医療機関から約150万人分の患者情報が窃取される事件が2018年7月に発生したが、Symantecは、シンガポール国内の組織を狙う攻撃グループによる犯行だったことを明らかにした。

問題の事件は、医療機関「SingHealth」が不正アクセスを受け、2015年5月から2018年7月にかけて診療を受けた患者に関する個人情報約150万件が流出したもの。

氏名や生年月日、住所、電話番号、人種のほか、約16万人に関しては調剤情報なども含まれる。

事件を受けて、シンガポールの保健省は、Lee Hsien Loong首相の情報などを標的とした計画的なサイバー攻撃であるとの見方を示していた。

(Security NEXT - 2019/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など