Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンガポール医療機関の大規模情報漏洩、関与グループが判明

シンガポールで、サイバー攻撃により医療機関から約150万人分の患者情報が窃取される事件が2018年7月に発生したが、Symantecは、シンガポール国内の組織を狙う攻撃グループによる犯行だったことを明らかにした。

問題の事件は、医療機関「SingHealth」が不正アクセスを受け、2015年5月から2018年7月にかけて診療を受けた患者に関する個人情報約150万件が流出したもの。

氏名や生年月日、住所、電話番号、人種のほか、約16万人に関しては調剤情報なども含まれる。

事件を受けて、シンガポールの保健省は、Lee Hsien Loong首相の情報などを標的とした計画的なサイバー攻撃であるとの見方を示していた。

(Security NEXT - 2019/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因