Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS

GRCSは、社内のリスク管理を支援するサービス「GRCアウトソーシング」を提供開始した。

同サービスは、インシデントや委託先の管理を代行するアウトソーシングサービス。同社のクラウドサービス利用者向けに提供する。

インシデント管理では、社内で発生したインシデントの登録と分析を行うほか、インシデント発生状況についてレポートを作成する。

委託先管理では、外部委託先に対してセキュリティに関する定期的なヒアリングを実施。監査状況のレポートを提供する。また委託契約前のスクリーニングチェックや契約後のモニタリングなど、委託先管理業務全般も支援する。

料金は、基本契約が月額10万8000円から。インシデント管理と委託先管理は、1カ月あたりのインシデント件数や、対象となる委託先数に応じた課金となる。

(Security NEXT - 2019/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
ディープ、ダーク含むネット脅威情報の報告サービス - ラック
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず