Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション

米CrowdStrikeは、モバイルデバイス向けEDRソリューション「CrowdStrike Falcon for Mobile」を発表した。

同ソリューションは、企業で使用するモバイルデバイスのアクティビティから、脅威の検知、調査、修復が行えるEDR製品。

デバイス上のアプリケーションにおける悪意ある振る舞いや、不必要なアクティビティを可視化するほか、デバイスの状況や脆弱性などを把握できる。

モニタリングを行うのは指定の企業アプリケーションのみで、個人で使用しているアプリケーション上のメッセージやメール、写真、ブラウザ履歴などはモニタリングせず、プライバシーを保護できるという。

(Security NEXT - 2019/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず
受験出願者宛のメールで送信ミス、メアド流出 - 国際教養大
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
「VMware Horizon」に脆弱性 - 内部のドメインやサーバ名など漏洩のおそれ
「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に新版 - 2年4カ月ぶりの大幅改訂