Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション

米CrowdStrikeは、モバイルデバイス向けEDRソリューション「CrowdStrike Falcon for Mobile」を発表した。

同ソリューションは、企業で使用するモバイルデバイスのアクティビティから、脅威の検知、調査、修復が行えるEDR製品。

デバイス上のアプリケーションにおける悪意ある振る舞いや、不必要なアクティビティを可視化するほか、デバイスの状況や脆弱性などを把握できる。

モニタリングを行うのは指定の企業アプリケーションのみで、個人で使用しているアプリケーション上のメッセージやメール、写真、ブラウザ履歴などはモニタリングせず、プライバシーを保護できるという。

(Security NEXT - 2019/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
メルアカ乗っ取り、迷惑メール送信の踏み台に - 福知山市民病院
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業