Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告

JPCERTコーディネーションセンターは、中南米各国のサイバーセキュリティ体制やCSIRTの状況について取りまとめた調査報告書「2018年度 中南米CSIRT動向調査」を公開した。

他地域と比較し、同センターとの連携実績が少ない中南米地域やカリブ海諸国におけるサイバーセキュリティの対応状況を把握し、インシデント対応に活用するため、調査を実施したもの。

公開文献や現地でのヒアリングなどを通じて、同地域におけるサイバーセキュリティ戦略、関連法の整備状況、CSIRTの活動実態について調べ、資料として取りまとめた。

具体的には、米州機構(OAS)やLACNIC(Latin America and Caribbean Network Information Centre)が主導する同地域全体でのCSIRT間連携の現状について解説。

さらに同地域でもっともサイバーセキュリティの取り組みが進んでいるメキシコとブラジル両国の窓口CSIRTの活動状況、CSIRTが直面する脅威の実態などを取りまとめた。

同資料は同センターのウェブサイトより入手することが可能。同地域でビジネスを展開する組織や、海外のセキュリティ事情に関心のある組織などで活用できる。

(Security NEXT - 2019/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞候補、公募を開始
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」