Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL」の「ChaCha20-Poly1305」実装に脆弱性

OpenSSLの開発チームは、認証付き暗号「AEAD(Authenticated Encryption with Associated Data)」である「ChaCha20-Poly1305」の実装に脆弱性が含まれていることを明らかにした。

外部アプリケーションから「OpenSSL」を利用する際、暗号化に用いる「ナンス」で12バイト以上の文字列を設定できるものの、12バイト以降を無視する脆弱性「CVE-2019-1543」が明らかとなったもの。

脆弱性は、「同1.1.1」「同1.1.0」に存在。「同1.0.2」は含まれない。また「SSL/TLS」における処理など、「OpenSSL」を直接利用する場合は「ナンス」に12バイト以上の文字列を用いることはなく、影響を受けないとしている。

重要度は4段階中もっとも低い「低(Low)」とレーティングしており、影響が低いことからアップデートを用意していない。今後の更新で修正されると見られる。

(Security NEXT - 2019/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
PHPの「Exif」処理に脆弱性 - バッファオーバーフロー生じるおそれ
「WonderCMS」にサーバ上のファイルを削除される脆弱性 - 過去の修正が不十分で
「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
トレンドのDDIに攻撃コマンドバイパスのおそれ - すでに修正済み