Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ

日立システムズは、統合監視サービスおよびインシデント対応サービスを提供開始した。

同社が展開するセキュリティソリューション「SHIELD」においてサービスメニューを強化したもの。

「SHIELDセキュリティ統合監視サービス」は、専用センサーを設置し、内部の機器に対して定期的な脆弱性診断を実施。収集したログやアラートを分析して攻撃を検知する。遠隔からネットワークを遮断するといった緊急対応も可能。

一方、「SHIELDセキュリティインシデント応急対応サービス」では、サイバー攻撃を受けた際、初動対応で必要となる情報を提供する。

同社が指定したログ情報やマルウェアの検体を提供することで、ビジネスに与える影響などを調査。5日以内に報告する。

(Security NEXT - 2019/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
3年かけてセキュ人材育成、未経験からスタート - KDDIら
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ