Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に

2018年のオンラインバンキングにおける不正送金被害は、前年から半減した。特に法人における減少が目立っている。

警察庁によれば、2018年のオンラインバンキングにおける不正送金の発生件数は、前年比103件減となる322件。

年間を通じた被害額は4億6100万円で、2017年の10億8100万円から半減した。2015年の30億7300万円と比べると6分の1以下の水準となる。

2月以降に増加が見られ、6月に1億円を超える被害が発生したものの、以降は低い件数で推移。

上半期に3億7300万円と被害が集中する一方、下半期は8800万円となり、4分の1以下へと縮小した。

20190311_np_003.jpg
オンラインバンキングにおける不正送金の被害額推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
2019年2Qの不正送金被害が半減 - ただし法人では増加
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実