Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童の学力調査票を紛失 - 熊本市

熊本市内の小学校において、1クラス分の児童の学力調査票が所在不明になっている。

同市によれば、2018年12月に実施した学力調査の結果を記載した個人票が所在不明になっているもの。対象となるのは1クラス40人分の調査票で、児童の姓や学校名、学年と学級のほか、4科目の答案や正答率などが含まれる。

担任の教諭が、2月13日に調査個人票の紛失に気付き、上長へ報告した。2月8日の校内研修で使用。

研修終了時、調査票は鍵付きのキャビネットなどに保管するよう指示されたていたが、職員室にある自席の机上に置いて帰宅。その後の所在がわからない状態だという。

校内からは見つかっておらず、対象となる児童の保護者、および全校の保護者に対し説明と謝罪を実施。また被害届の提出を検討している。

(Security NEXT - 2019/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
家計調査の調査票の誤配布と紛失が発生 - 香川県
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
体操服の刺繍に利用した生徒名簿が所在不明 - 岐阜県
個人情報関連の事務処理ミスを公表 - さいたま市