Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童の学力調査票を紛失 - 熊本市

熊本市内の小学校において、1クラス分の児童の学力調査票が所在不明になっている。

同市によれば、2018年12月に実施した学力調査の結果を記載した個人票が所在不明になっているもの。対象となるのは1クラス40人分の調査票で、児童の姓や学校名、学年と学級のほか、4科目の答案や正答率などが含まれる。

担任の教諭が、2月13日に調査個人票の紛失に気付き、上長へ報告した。2月8日の校内研修で使用。

研修終了時、調査票は鍵付きのキャビネットなどに保管するよう指示されたていたが、職員室にある自席の机上に置いて帰宅。その後の所在がわからない状態だという。

校内からは見つかっておらず、対象となる児童の保護者、および全校の保護者に対し説明と謝罪を実施。また被害届の提出を検討している。

(Security NEXT - 2019/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 尾道市
個人情報14.7万件含むタブレットを紛失 - 岡崎市
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市