Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、サイトのセキュリティ対策20カ条を解説 - CLも公開

情報処理推進機構(IPA)は、「安全なウェブサイトの運用管理に向けての20ヶ条 ~セキュリティ対策のチェックポイント~」を公開した。

ウェブサイトを安全に運用、管理するために実施すべきセキュリティ対策を、「ウェブアプリケーション」「ウェブアプリケーションが稼働しているウェブサーバ」「ウェブサーバが設置されているネットワーク」「その他」の4つに分類。あわせて20項目に集約した。

ウェブアプリケーションでは、脆弱性対策や通信内容の暗号化、不正ログイン対策、ログの定期的な確認などのほか、意図せずファイルやページを公開していないか、不要なエラーメッセージを返していないかなど、ポイントとして盛り込んだ。

ウェブサーバでは、OSやサーバソフト、ミドルウェアの脆弱性対策や、ログの定期的な確認、適切なパスワード管理、ファイルやディレクトリへの適切なアクセス制御などを挙げた。さらに不要なサービスやアプリケーションの稼働や、不要なアカウントが存在しないか確認するよう求めている。

20190306_ip_001.jpg
ウェブサイトにおけるセキュリティ対策のチェックポイント(画像:IPA)

(Security NEXT - 2019/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
西武線沿線情報サイトに不正アクセス - サイトを一時休止
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒