Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無人潜水機など海事技術狙う「APT 40」 - 中国関与か

FireEyeは、技術や物流、防衛産業などを標的に活動するAPTグループ「APT 40」について報告した。中国海軍の支援を目的としたスパイ活動と見ている。

同グループは、これまで「TEMP.Periscope」「TEMP.Jumper」などとしても報告されている攻撃グループ。

少なくとも2013年より中国海軍における能力向上を目的に活動しており、技術、物流、防衛産業などを標的にしていると同社は説明。同国が関与する可能性について「中程度」の確証を持っていると述べた。

2016年12月、南シナ海で米軍の無人潜水機(UUV)が中国に拿捕される事件が発生。同事件については、当時の政治情勢や情報収集、同海域における活動へのけん制など憶測を呼んだが、同社は同事件と並行し、サイバー空間上で無人潜水機に関するスパイ活動が展開されていたと指摘。無人潜水機の研究を進める複数の大学が標的となっていたという。

20190306_fe_001.jpg
「APT 40」がターゲットとしていた地域(画像:FireEye)

(Security NEXT - 2019/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
米司法省、APT 10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも