Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティチーム向けツール「Dradis」に脆弱性

Security Rootsが提供するセキュリティチーム向けコラボレーションツール「Dradis」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

同製品は、セキュリティツールと連携し、セキュリティチームにおけるコラボレーションやレポートの生成を支援するウェブアプリケーション。「同Community Edition」「同Professional Edition」にXSSの脆弱性「CVE-2019-5925」が含まれていることが明らかとなった。

同製品を利用するウェブサイトにアクセスしたユーザーのブラウザ上で、任意のスクリプトを実行されるおそれがあるという。

イエラエセキュリティの柏崎央士氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同社は脆弱性を修正した「同Community Edition 3.11.1」「同Professional Edition 3.1.2」をリリースしている。

(Security NEXT - 2019/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消