Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティチーム向けツール「Dradis」に脆弱性

Security Rootsが提供するセキュリティチーム向けコラボレーションツール「Dradis」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

同製品は、セキュリティツールと連携し、セキュリティチームにおけるコラボレーションやレポートの生成を支援するウェブアプリケーション。「同Community Edition」「同Professional Edition」にXSSの脆弱性「CVE-2019-5925」が含まれていることが明らかとなった。

同製品を利用するウェブサイトにアクセスしたユーザーのブラウザ上で、任意のスクリプトを実行されるおそれがあるという。

イエラエセキュリティの柏崎央士氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同社は脆弱性を修正した「同Community Edition 3.11.1」「同Professional Edition 3.1.2」をリリースしている。

(Security NEXT - 2019/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
「VMware Horizon」に脆弱性 - 内部のドメインやサーバ名など漏洩のおそれ
「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
「Drupal」にXSS脆弱性、アップデートが公開 - 「同8.5.x」はEOLにも注意を
「Firefox 66」がリリース - 脆弱性21件を修正
iOS向けバイト情報アプリ「an」の旧版に脆弱性
CMSの「Joomla」に複数脆弱性、アップデートがリリース
データベース不要のオープンソースCMSに複数のXSS脆弱性
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン