Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ColdFusion」に深刻な脆弱性、悪用報告も - 早急に対応を

アプリケーションフレームワーク「ColdFusion」に深刻な脆弱性が含まれるとして、Adobe Systemsはアップデートをリリースした。すでに悪用について報告を受けているという。

今回明らかとなった「CVE-2019-7816」は、制限をバイパスしてファイルのアップロードが可能となる脆弱性。任意のコードを実行されるおそれがある。重要度は3段階中もっとも高い「1」とレーティングした。

同社は、前回の「パッチチューズデー」にあたる2月12日にセキュリティアップデートをリリースし、同製品において2件の脆弱性を修正しているが、異なる脆弱性となる。

同社は、脆弱性を修正した「ColdFusion 2018 Update 3」「同2016 Update 10」「同11 Update 18」をリリース。適用優先度は3段階中もっとも高い「1」と指定し、早急に対策を講じるよう利用者へ呼びかけている。

20190304_as_001.jpg
アップデートをリリースしたAdobe Systems

(Security NEXT - 2019/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Horizon」に脆弱性 - 内部のドメインやサーバ名など漏洩のおそれ
iOS向けバイト情報アプリ「an」の旧版に脆弱性
データベース不要のオープンソースCMSに複数のXSS脆弱性
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み
「Adobe Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Windows 7」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃で積極的な悪用
「Chrome」へのゼロデイ攻撃が明らかに - 早急に最新版へ更新を
「WinRAR」が19年来の脆弱性を修正 - 公表後に悪用も
NVIDIA製GPUディスプレイドライバに複数の深刻な脆弱性