Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ColdFusion」に深刻な脆弱性、悪用報告も - 早急に対応を

アプリケーションフレームワーク「ColdFusion」に深刻な脆弱性が含まれるとして、Adobe Systemsはアップデートをリリースした。すでに悪用について報告を受けているという。

今回明らかとなった「CVE-2019-7816」は、制限をバイパスしてファイルのアップロードが可能となる脆弱性。任意のコードを実行されるおそれがある。重要度は3段階中もっとも高い「1」とレーティングした。

同社は、前回の「パッチチューズデー」にあたる2月12日にセキュリティアップデートをリリースし、同製品において2件の脆弱性を修正しているが、異なる脆弱性となる。

同社は、脆弱性を修正した「ColdFusion 2018 Update 3」「同2016 Update 10」「同11 Update 18」をリリース。適用優先度は3段階中もっとも高い「1」と指定し、早急に対策を講じるよう利用者へ呼びかけている。

20190304_as_001.jpg
アップデートをリリースしたAdobe Systems

(Security NEXT - 2019/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
「VMware ESXi」などに複数脆弱性 - アップデートをリリース
NVIDIA製「GPUディスプレイドライバ」に複数脆弱性
「Cylance」に検知回避の脆弱性 - 機械学習の弱点との指摘も
「OpenSSL」のWindows版に脆弱性 - 重要度「低」とし更新は未提供
セキュリティ製品の「VPN」機能に相次いで脆弱性
【追記あり】「VLCメディアプレイヤー」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供