Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」のライブラリに不正ファイル読込問題 - 修正予定なし

「Windows 7」に含まれるライブラリに、ディレクトリ内の不正なライブラリファイルを読み込む脆弱性が指摘されている。マイクロソフトはリスクが低いとし、修正しない方針を示している。

従来より検索パスの問題で不正なライブラリファイルを読み込む脆弱性がアプリケーションをはじめ多く指摘されているが、「Windows 7」のライブラリファイルにおいても同様の問題が明らかとなったもの。

同一フォルダ内に設置された不正なライブラリを読み込むおそれがある脆弱性「CVE-2019-5921」が存在。悪用されると任意のコードなどを実行されるおそれがある。

共通脆弱性評価システムの「CVSS v3」におけるスコアは「7.8」で、4段階中2番目にあたる「重要」。「CVSS v2」の場合は「6.8」で3段階中2番目にあたる「警告」とレーティングされている。

一方マイクロソフトでは、問題のディレクトリについてアクセスには管理者権限が必要であることを理由に、リスクが低い問題として対処しない方針を示している。

脆弱性の判明を受けて、セキュリティ機関では、対策として「Windows 10」への移行や、緩和策などの実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」などに複数脆弱性 - アップデートをリリース
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Acrobat/Reader」向けにアップデート - 脆弱性21件を修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
Office for Mac向けに定例外パッチをリリース - MS
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
予告どおり「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 脆弱性7件を修正