Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に

トレンドマイクロは、フィッシングサイトへ誘導されるケースが前年の約2.5倍に拡大したことを明らかにした。「Amazon」「Apple」など大手ITブランドを装うケースが半数近くを占めるという。

同社製品の国内利用者においてフィッシングサイトに誘導された件数を取りまとめたもの。2017年の180万5038件から約2.5倍にあたる443万1970件に増加した。

ブランドが悪用された企業を業種別に見ると、「大手IT企業」が44.3%、「銀行、信販」が34%、「仮想通貨関連サービス」が7.2%、「プロバイダ」が2.1%だった。

宅配業者の不在通知を偽装するSMSから不正サイトへ誘導して不正アプリをインストールさせる「スミッシング」は、2018年第1四半期の2万9700件から第3四半期には21万件と約7倍に拡大。第4四半期も25万件超となった。

20190301_tm_001.jpg
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー数(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2019/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響