Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防関係者装い「防災グッズ送る」とウソ - 個人情報聞き出す電話が多発

東京消防庁は、職員を装い、個人情報を聞き出す電話が多発しているとして、注意を呼びかけた。

同庁によれば、2月以降、同庁の職員を名乗る不審な電話が多発しているという。

電話では、防災グッズや防災マップを無料で配布するなどと説明。氏名と住所を聞き出そうとするほか、同居者の有無、家族の人数など聞き出そうとしていた。

同庁では、電話をかけて防災グッズを配布したり、こうした目的で個人情報を聞き出すことはないとして、類似した電話に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
第三者がアプリでTポイントを不正利用 - PWリスト攻撃などの形跡見られず
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明
「7iD」のパスワードを一斉リセット - セブン&アイHD
2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
「Chatwork」に675万回以上の不正ログイン試行 - 約1.1万件でログイン成功か
dアカウントで計らず 「2段階認証」届くケースが増加 - 未設定の場合も