Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防関係者装い「防災グッズ送る」とウソ - 個人情報聞き出す電話が多発

東京消防庁は、職員を装い、個人情報を聞き出す電話が多発しているとして、注意を呼びかけた。

同庁によれば、2月以降、同庁の職員を名乗る不審な電話が多発しているという。

電話では、防災グッズや防災マップを無料で配布するなどと説明。氏名と住所を聞き出そうとするほか、同居者の有無、家族の人数など聞き出そうとしていた。

同庁では、電話をかけて防災グッズを配布したり、こうした目的で個人情報を聞き出すことはないとして、類似した電話に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

活動再開のEmotet、2月以前に窃取したメール情報を悪用するケースも
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院