Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防関係者装い「防災グッズ送る」とウソ - 個人情報聞き出す電話が多発

東京消防庁は、職員を装い、個人情報を聞き出す電話が多発しているとして、注意を呼びかけた。

同庁によれば、2月以降、同庁の職員を名乗る不審な電話が多発しているという。

電話では、防災グッズや防災マップを無料で配布するなどと説明。氏名と住所を聞き出そうとするほか、同居者の有無、家族の人数など聞き出そうとしていた。

同庁では、電話をかけて防災グッズを配布したり、こうした目的で個人情報を聞き出すことはないとして、類似した電話に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
正規やりとりに割り込むBEC - 盗聴により絶妙タイミングで振込先変更依頼
セキュリティ製品の警告画面と思いきや単なるウェブコンテンツ - 古典的な詐欺に注意を
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中