Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題

国内における家庭用ルータの6割弱に認証や脆弱性といったセキュリティ上の問題があるとの調査結果をAvastが公表した。

ホームネットワークにおいて脆弱性を検出する「Avast Wi-Fi Inspector」を利用し、ユーザーによるスキャン結果を取りまとめたもの。

グローバル全体で1600万回線、デバイス5600万台を対象に調査を行っており、国内の23万回線が含まれる。あわせて1100万台のルータに対してもスキャンを実施したという。

同調査によると、国内においてパスワードなどの認証情報が脆弱だったり、ソフトウェアやファームウェアに脆弱性が存在するなど、29%の世帯において1台以上の脆弱な状態にあるIoTデバイスを保有していた。世界平均の41%を12ポイント下回る。

(Security NEXT - 2019/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
IoT製品市場における日本シェアは24%、世界トップ
総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」