Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童の指導資料が所在不明に - 神戸市

神戸市の市立小学校において、児童の個人情報が記載された指導資料が所在不明になっていることがわかった。

同市によれば、西区の小学校で保管していた児童32人を含む1クラス分の児童指導資料が所在不明になっているもの。

同資料は保護者より提出されたもので、氏名や住所、電話番号、生年月日、家族の氏名、勤務先、緊急連絡先、自宅から学校までの地図、児童の身体面や性格面の留意点などが記載されている。

校内を捜索したが発見できず、警察へ届けた。同校では、対象となる児童の家庭訪問を行って、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
小学校で調査票が所在不明、判明後2カ月後に報告 - 湖南市
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
里親措置児童や里親の個人情報含む文書を誤送付 - 新潟県
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
教員が個人情報紛失、名古屋市教委へ届き10カ月後に回収 - 大阪市