Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら

日本クレジットカード協会(JCCA)は、フィッシング対策協議会と協力し、フィッシングメールの被害防止に向けた啓発キャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、政府が実施している「サイバーセキュリティ月間」の関連行事として展開するもの。フィッシング攻撃の報告件数が増加していることを受け、被害防止に向けた啓発ツールとして、ポスターや画像素材を公開した。

いずれもJCCAのウェブサイトから無料でダウンロードすることが可能。消費者への注意喚起などに活用してほしいと事業者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

組織非公認のチャットサービス、役職者など53%が業務で利用経験
セーフティクリティカルなシステムでのLinux活用目指してプロジェクト
脆弱性の影響を可視化できるOSS「Vuls」を解説 - IPA
約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超
政府、「サイバーセキュリティ意識・行動強化プログラム」で意見募集 - 1月4日まで
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
IPA、組織向けセキュリティ自己診断ツールに最新版 - データ拡充、統計資料も
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
外部委託先を6割弱が「Excel」で管理 - 「紙」は31.9%
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で