Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら

日本クレジットカード協会(JCCA)は、フィッシング対策協議会と協力し、フィッシングメールの被害防止に向けた啓発キャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、政府が実施している「サイバーセキュリティ月間」の関連行事として展開するもの。フィッシング攻撃の報告件数が増加していることを受け、被害防止に向けた啓発ツールとして、ポスターや画像素材を公開した。

いずれもJCCAのウェブサイトから無料でダウンロードすることが可能。消費者への注意喚起などに活用してほしいと事業者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
初心者向けに脆弱性調査と報告方法を学ぶ勉強会 - IPA
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止
カスペとインターポール、サイバー犯罪捜査の協定を再延長
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き