Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応

10月に「GandCrab 1」「同4」「同5」へ対応した復号ツールがリリースされているが、最新版では、あらたに「同5.0.4」から「同5.1」までをカバー。現状確認されている最新の「GandCrab」についても復号できるという。

同ツールは、BitdefenderやEuropolのサポートを受けつつ、ルーマニア警察が開発。オーストリア、ベルギー、キプロス、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、イギリス、カナダ、米国のFBIなど、各国の法執行機関も開発に協力した。

「GandCrab」の復号ツールは、最初のバージョンがリリースされた2018年2月以降、ダウンロードは40万回以上行われた。約1万の被害者においてファイルの復号を支援し、約500万米ドルの支払いを未然に防止したと試算されている。

Europolは、同ツールの公開をアナウンスする一方、ランサムウェアによる被害を防ぐ最善の対策は慎重なバックアップであるとあらためて強調。セキュリティ製品を利用しつつ定期的なバックアップを行い、メールの添付ファイルへ注意するよう呼びかけている。

20190220_gc_001.jpg
Bitdefenderによる復号ツールの解説

(Security NEXT - 2019/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止
ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
ランサムウェア「GandCrab」に無料の復号ツール - 被害者は推計50万人
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも