Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT

情報通信研究機構(NICT)は、25歳以下のセキュリティ研究者や開発者の育成を目的としたプログラム「SecHack365」の成果発表会を3月8日に都内で開催する。

「SecHack365」は、セキュリティ技術の開発や研究に取り組む25歳以下の学生や社会人を対象とした人材育成プログラム。2017年度よりスタートした。

2018年度に実施したトレーニングの成果報告として、参加者が取り組んだプロジェクトや作品を発表するもので、優秀作品6点を選出。プレゼンテーションが実施される。

また会場には展示コーナーを設置。参加者による作品の解説やデモを行うほか、トレーナーによる振り返りや、今後の取り組みなどを語るパネルディスカッションなども予定している。

会場は、アキバスクエア。詳細や参加の申し込みは同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進
JNSA、スキル可視化GLのβ版を公開 - 「プラス・セキュリティ人材」にも焦点
総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に
総務省とイスラエル国家サイバー総局、研究開発や人材育成で協力
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社