Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約半数が「AI家電への個人情報提供に不安」 - 1年で10ポイント増

いわゆる「AIスピーカー」や「AIアシスタント」などの利用時に、個人情報が収集されることに対して、不安や抵抗を感じる人が約半数にのぼることがわかった。

ジャストシステムがマーケティングリサーチサイトで、毎月実施している人工知能に関する定点調査において、2018年のトレンドを取りまとめたもの。17歳から69歳までの男女1100人が回答した。

AIアシスタント機能が付いた家電を所有している人は4.5%にとどまる一方、暮らしにおける利便性の向上について「期待している」と答えた人は60.7%にのぼる。また「ぜひ購入したい(10.1%)」「興味があり、購入を検討したい(26.8%)」をあわせると、36.9%が購入に前向きであることがわかった。

一方、AIを活用した機器やサービスの利用にともない、個人情報を提供することについて、47.4%が「不安を感じており、サービス利用のためとはいえ提供に抵抗がある」と回答。1年前に同様の調査を実施した際は37.2%で、1年間で不安や抵抗を覚える人が10ポイント以上増加した。

「不安や抵抗はない」とする回答者は6%にとどまり、1年前の7.5%から微減した。

(Security NEXT - 2019/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
漏洩などの報告方法をネットに変更、3月下旬めどに - 個人情報保護委員会
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
GDPRにおける日本の「十分性認定」、1月23日に決定予定
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
小学校職員を懲戒処分、個人情報持ち出しや紛失書類の偽造で - 仙台市
GDPRにおける日本の十分性認定、2019年に持ち越し
「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」通則編が改正
小学生に個人情報教育の出前授業 - 個人情報保護委