Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、認証サービス「ID Federation」において、「生体認証メニュー」の提供を開始した。

「ID Federation」は、1700以上のサービスに対応し、シングルサインオンや多要素認証、SNS連携によるログイン、アクセス制御などを提供するIDフェデレーションサービス。今回、FIDO連携を活用した「生体認証メニュー」を追加した。

専用アプリをスマートフォンに導入し、顔や指紋などの生体情報を登録。同アプリで認証を行うことで、FIDOによりインターネットのウェブサービスやアプリケーションへIDやパスワードを入力することなくログインが可能となる。

同社では手はじめに企業における従業員向けの認証サービスとして提供。今後はコンシューマー向けウェブサイトなどを提供する企業向けにサービスを展開していく予定。

(Security NEXT - 2019/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ