Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、認証サービス「ID Federation」において、「生体認証メニュー」の提供を開始した。

「ID Federation」は、1700以上のサービスに対応し、シングルサインオンや多要素認証、SNS連携によるログイン、アクセス制御などを提供するIDフェデレーションサービス。今回、FIDO連携を活用した「生体認証メニュー」を追加した。

専用アプリをスマートフォンに導入し、顔や指紋などの生体情報を登録。同アプリで認証を行うことで、FIDOによりインターネットのウェブサービスやアプリケーションへIDやパスワードを入力することなくログインが可能となる。

同社では手はじめに企業における従業員向けの認証サービスとして提供。今後はコンシューマー向けウェブサイトなどを提供する企業向けにサービスを展開していく予定。

(Security NEXT - 2019/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始