Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PWリスト攻撃によるログイン試行を検知 - ディノス・セシール

ディノス・セシールは、同社の通販サイト「セシールオンラインショップ」が、パスワードリスト攻撃を受けたことを明らかにした。

同サイトにおいて、1月30日に国内の同一IPアドレスより、本来の利用者とは異なる第三者が不正にログインを試みる「パスワードリスト攻撃」を受けたもの。

同社によれば、今回の攻撃では18回にわたるログインの試行があり、1件のIDにおいてなりすましによるログインを許したという。氏名や生年月日、性別、メールアドレス、保有ポイント数などを閲覧された可能性がある。

そのほか17件のIDに対するログインの試行は、1件が顧客の利用するIDと一致していたものの、いずれもログインに失敗した。同社では、同社以外で入手したIDやパスワードを用いた「パスワードリスト攻撃」と分析。同社経由の情報流出について否定している。

(Security NEXT - 2019/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口