Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構

医薬品医療機器総合機構は、企業から提出された新薬の安全性定期報告1冊が、所在不明になっていることを明らかにした。

同機構によれば、企業が提出した新医薬品の安全性定期報告について、1月7日に紛失していることが判明したもの。

報告書は、審査業務部で受け付け、再審査を担当する部署へ配布。その後再び審査業務部で保管することとなっており、職員専用のIDカードがなければ入室できない執務室が保管場所として指定されていたという。

問題の報告書には、企業の担当者数名の氏名と役職名が記載されていた。報告内容は新医薬品の再審査に活用され、内容そのものは公表されるものだとしている。

紛失判明後、機構内の捜索を行ったが発見できず、警察へ紛失届を提出。同機構では対象となる企業に対し、説明と謝罪を行っている。引き続き報告書の探索を続けるとともに、保管方法を施錠管理するロッカーへ変更した。

(Security NEXT - 2019/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
授業料補助金申請書類を宅配業者が紛失 - 近大付属高校
成人の日対象者の個人情報を委託先が紛失 - 大阪市
受講生の個人情報を置き忘れて紛失 - バスケットボール教室
高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院